秋田観光情報



田沢湖・角館・大仙地区の観光


  武家屋敷をそぞろ歩き、江戸時代にタイムスリップ 米どころの田園風景にやすらぐひととき


 

 武家屋敷通り
武家屋敷通り  藩政時代からの武家屋敷が連なり、城下町としての風情ある町並みは、みちのく小京都と称されている。格式ある武家の邸宅、連なる黒板塀とサクラの巨木が調和する様は、今も威厳と優雅さを漂わせている。
 安藤醸造元
安藤醸造元  嘉永6年に創業した味噌・醤油の老舗で、漬物なども人気。
現存する赤レンガ造りの建物は、明治15年から24年間かけて作ったもの。
 たざわこ芸術村
たざわこ芸術村  村内にあるわらび劇場の常設公演を中心に、舞台芸術・温泉・工芸館・地ビール・郷土料理などが満喫でき、多くの観光客に親しまれている。
 田沢湖
田沢湖  深さ423.4mで水深日本一の田沢湖は、玉川温泉から強い酸性水が流れこんだため、瑠璃色の湖水をしていることが特徴。
たつこ姫の像がシンボル。
 角館樺細工伝承館
角館樺細工伝承館  秋田を代表する伝統工芸品である樺細工を始めとして工芸・文化・歴史資料の展示や、樺細工制作の実演を行っている。
 抱返り渓谷
抱返り渓谷  田沢湖から角館に向かう途中にある東北の邪馬渓と呼ばれる渓谷。
特に回顧(みかえり)の滝をはじめとする勇壮な滝は見ごたえ十分。
上部へ